国際教養学部国際教養学科

国際教養学部国際教養学科

Department of International Liberal Arts

「課題解決のためのマネジメント力と、 英語のコミュニケーション力を養う

こんな人におすすめ

  • 地元のことを知ってグローバルに活躍したい。
  • 英語を武器に企業で活躍したい。
  • 地元をマネジメントの手法を活かして元気にしたい。
  • 農業を付加価値の高いものにしたい。

目指す職業・就職先

  • 海外とつながりのある製造業・サービス業
  • 観光航空関連企業
  • 国・地方公共団体
  • 農業団体 ほか

アクティブ・ラーニングでビジネスを学ぶ

自らが課題発見と解決提案を行うことで学ぶ楽しさを知り、社会に役立つ力が身についているのを実感しています。(4年女子)

3つのコースから選択できる

英語やビジネスの資格・検定にチャレンジ

先生方に面接対策をしていただいたおかげで、2年次に英検準1級に合格できた。今後はTOEIC800点以上を目指して頑張りたい。(2年女子)

充実した留学支援体制

早く海外留学を経験したかったので、短期海外留学は楽し かった。英語に対するモチベーションが上がった。(1年女子)

カリキュラムポリシー

  • 幅広い知識・教養と豊かな人間性を養うことは、コミュニケーション力の基礎になる。そのため、1・2年次には、人文科学、自然科学、社会科学に関する科目および地域学などを基礎教育科目として配置しています。
  • 1年次の基礎教育課程では、社会的ニーズが ますます高まっている実践的英語力と情報スキルを高める必修科目を設けています。
  • 基礎教育課程では、問題提示と、集団討議を通して意見形成を図る少人数ゼミナールを設けています。
  • 専門教育課程では、「リージョナル・マネジメント・コース」、「グロー バル・マネジメント・コース」、「アグリ&フード・マネジメント・コース」を設けて、それぞれの専門教育科目を配置しています。
  • 専門教育課程では、実践的な課題解決に取り組むなかで、マネジメントの理論・技能を修得するゼミ形式の科目を配置しています。
  • 専門教育課程においても、幅広い知識を修得できるように、学生は上記の3コースのうち主専攻、副専攻として複数のコースを学修できるようにコース横断的履修を可能にしています。
  • 4年次には、学部教育の集大成として卒業研究に取り組みます。実践的な 課題解決に向けて解決策を見つけて、論理的に説明できる力の修得を目指します。

CURRICULUM

地域の課題やグローバリゼーションに適応した能力と知識修得を目指します。

国際教養学部国際教養学科 カリキュラム

CLASSES

授業を通して実社会に直結する内容が学べ、将来に有益な体験ができます。

  • 地域のビジネスリーダーが指導

    地域のビジネスリーダーが指導

    トップリーダー講義(1年次)

    各界のリーダーから、最新の業界動向とトップリーダーのものの見方・考え方を学ぶことができます。

  • 希望の内定先への近道

    希望の内定先への近道

    インターンシップ(3年次)

    企業・行政・NPOなどで実施されるインターンシップは体験だけではなく、就職先へ自分自身をアピールするチャンスです。

  • 充実した英語のカリキュラム

    充実した英語のカリキュラム

    充実した英語のカリキュラム

    ネイティブによる英語関連の授業も多く開講されており、高度な英語運用能力を養うために、少人数のクラス編成で行います。

  • 教員紹介

リスクに向かい合うマネジメント思考

 国際教養学部は令和3年度入学生よりマネジメントの教育を柱にした学部に生まれ変わる予定である。そこで、当学部が標榜するマネジメント学について触れておきたい。
 マネジメントは組織を管理する意味で広く用いられるが、その定義を問われると簡単に応えられない。ここでは、立ち現れた問題に対して、問題の内容と特性を把握した上で、利用できる諸資源をうまく活用して問題解決を図る取組と理解しておきたい。我々は、種々の、そして様々なレベルのリスクと隣り合わせに生活している。現在の新型コロナウイルス感染拡大は予期せぬグローバルスケールのリスクである。日本の少子高齢化による人口減少は予想された全国レベルおよび地域レベルのリスクである。これらのリスクを軽減する方策を考えるとき、上記したマネジメントの取り組みが役に立つ。また、マネジメントの考え方は科学の基本的態度と共通している。
 1965年に日本人として二人目のノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎博士が、子どもたちに花の成長にたとえて、科学の基本的方法を語った一文が残されている。ここに紹介する。なお、これをマネジメントの方法に読み替えたときに思い当たる言葉を括弧にして表記している。

「ふしぎ(リスク)だと思うこと、これが科学(マネジメント)の芽です。
よく観察してたしかめ、そして考えること、これが科学(マネジメント)の茎です。
そして最後になぞがとける(問題が解決する)、これが科学(マネジメント)の花です。」
(京都市青少年科学センター所蔵色紙より)

このようにマネジメントの問いかけ、および問題解決に向かう態度は科学の方法と同じである。我々は、マネジメントの教育を通して、社会、地域、組織が抱えるさまざまな問題を特定し、自ら考え、そして問題解決に向けて行動する人材を育成することを学部の教育目標としている。それが、地域社会が我々に期待する人材育成であると認識するからである。

国際教養学部長 日野正輝

  • 日野 正輝[教授・学部長]

    地理学

  • 竹野 純一郎[教授・学科長]

    英語教育

  • 杉山 慎策[理事/副学長/特命教授]

    マーケティング戦略、ブランド戦略、地域戦略論

  • 佐生 武彦[教授]

    異文化コミュニケーション論、英語演劇

  • 大橋 典晶[教授]

    英語教育・カリキュラム開発

  • 岡本 輝彦[准教授・図書課長]

    日本語教育

  • Paul Moritoshi[准教授]

    アクティブラーニング教育学

  • 藤代 昇丈[学生課長兼(留学生担当)/准教授]

    英語教育・教育工学・eラーニング・ブレンド型学習

  • 佐々木 公之[准教授]

    社会学、経営学、地方創生、産学官連携、PBL教育

  • 松浦 加寿子[准教授]

    英語学・語用論・映画英語教育

  • Gregory Chindemi[講師]

    アメリカの歴史、教育

MENU

資料請求はこちら

CLOSE