保育学科

保育学科

Department of Childcare

保育者になるための実践力を学ぶ

こんな人におすすめ

  • 保育者になりたい。
  • 子どもとたくさんふれあって学びたい。
  • 子どもが大好き。
  • 保育士+幼稚園教諭の免許も取得したい。
  • ボランティアにも興味がある。

目指す職業・就職先

  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 保育教諭 ほか

短期間にいろいろな現場で実習できる

2年間のうちに保育所と幼稚園の両方に実習に行けるのが魅力的 だった。( 1年男子)

地域の家族と触れ合える

実習やボランティアが充実していて、在学中から子どもと関わること ができるのが良い。(2年女子)

こども園を通じて他の学部との交流があるのが新鮮。(1年女子)

各講義において、模擬保育・模擬授業を数多く取り入れています。また、大学生が企画・準備・実施をしながら、未就学の子どもたちとその保護者と一緒に楽しく活動を行う子育て支援事業も定期的に行っています。

日常的に子どもと関われる

こども園が近く、授業の一環でよく行くので、子どもたちの成長を見 ながら学べるのが良い。( 1年男子)

講義や演習、子育て支援事業、積み上げ方式の実習に加え、附属たねのくにこども園の子どもや保護者と日常的に関わることで、保育者としての実践的指導力を養います。

カリキュラムポリシー

乳幼児一人ひとりの発達に即した保育ができる実践力を有し、保護者に対する支援ができる保育者、自らも保育者にふさわしい心豊かな人間性を育もうと成長し続ける保育者の養成に努め、保育士、幼稚園教諭二種の免許状等を2年間で取得することができる教育課程を編成しています。

  • 保育者としての実践力をつけるための基礎技能に関する科目を設置しています。
  • 保育者としての専門性を高めるための保育に関する専門的知識・技術に関する科目を設置しています。
  • 子どもの世界や保護者の気持ちに深くアプローチすることができる演習科目を設置しています。
  • 保育者基礎演習、親子ふれあい演習、キッズイングリッシュなど特色ある科目を設置しています。
  • 施設、保育所、幼稚園を順番に経験する、積み上げ式実習による保育体験ができる科目を設置しています。

CURRICULUM

現場が求める実践的な保育者養成に“チカラ”を注ぎます。

保育学科 カリキュラム

CLASSES

子どもと保護者の支援ができる魅力あふれる保育者を目指します。

  • 子育て支援を実践で学ぶ!

    子育て支援を実践で学ぶ!

    親子ふれあい演習A・B(1年次後期・2年次前期)

    1年次から子育て支援活動を企画・運営し、子どもや保護者との関わり方、企画・運営の仕方を学びます。

  • からだを動かす環境づくり

    からだを動かす環境づくり

    (保育内容)健康(1年次後期)

    楽しくからだを動かしたくなる教材を工夫したり、ルール設定を柔軟にしたりするなど環境づくりについて学びます。

  • 卒業前に全員参加の大舞台!

    卒業前に全員参加の大舞台!

    保育学科発表会(2年次後期)

    2年次には全員で創作劇・ダンス・ハンドベル・オペレッタなど、子どもから大人まで楽しめる「発表会」を公開します。

  • 教員紹介
  • OB・OG MESSAGE

保育者としての実践力を身につけ、夢を叶えよう!

子どもを見ていると、自然と笑顔になり幸せな気分になります。そして、この世に生まれてきた子どもたちすべてが、健やかで幸せに育って欲しいと願います。そのためには、家族だけでなく様々な専門職が必要になってきますが、皆さんが想像する専門職の中に、おそらく保育士や幼稚園教諭が一番に浮かんでくるのではないでしょうか。保育学科では、2年間で両方の資格・免許を取得することを目指します。実践力を養う充実したカリキュラム、教員によるきめ細やかな教育指導によって、皆さんの保育者になるという目標の実現をしっかりとサポートします。さらに、今年から附属こども園が開園し、教育環境が格段に良くなりました。授業で附属こども園に行き、実際の子どもの姿や保育・教育の実践を学べます。50年を超える教育実績と、多くの卒業生が保育所・幼稚園・こども園・施設などで広く活躍していることから、保育学科では高い就職率を維持しています。子どもが好きで、保育者になるという意志が強く、目標の達成に向けて努力することができる皆さん、ぜひ保育学科で共に学び、夢を叶えませんか。

保育学科長 原田 眞澄 教授

OB・OG MESSAGE

  • 亀田 晴華

    短大で教わったことを実感し、実践する毎日です。

    保育学科では、演習や実践の授業が豊富で、保育の知識や技術だけでなく、あいさつや身だしなみなどのマナーも細かく指導していただけました。特に、模擬保育の授業では、保育を受ける側の子どもの気持ちを感じとることができました。この学びを活かし、どうすれば子どもたちが楽しく活動することができるのかを考え、子どもの心に寄り添った保育を心がけています。仕事のやりがいは、子どもたちの成長を間近で見ることができること。できなかったことができるようになった姿を見たときは、先生になって本当に良かったと思います。

    尾道市立向東保育所(広島県)勤務
    亀田 晴華さん 2016年卒業

  • 進倉 咲織

    大好きな子どもたちとかかわれる。それだけで嬉しい毎日です。

    3歳児クラスの副担任をしています。大好きな子どもたちと一緒に毎日過ごせて、子どもたちの成長を日々近くで感じられることがやりがいです。大学は実践的な授業が多く、現場で活かせる知識を身につけることができました。特に私はピアノ初心者だったのですが、一から丁寧に教えていただき、着実に成長できました。今後の目標は、一人ひとりの特徴をとらえて子どもの心に寄り添える先生になること。また、子どもたちに「幼稚園大好き、楽しい」と思ってもらえるクラスがつくれるようになりたいです。

    学校法人尾形学園しらゆり幼稚園(岡山県)勤務
    進倉 咲織さん 2016年卒業

MENU

資料請求はこちら

CLOSE