子ども学部子ども学科

子ども学部子ども学科

Department of Children Studies

乳幼児から児童までの発達を理解した先生になる

こんな人におすすめ

  • 保育所・認定こども園の先生になりたい。
  • 幼稚園の先生になりたい。
  • 小学校の先生になりたい。
  • 保育士+幼稚園教諭+小学校教諭、3つの免許・資格を同時に取得したい。
  • 「英語に強い」「音楽に強い」「ICTに強い」先生を目指したい。
  • 学童保育について学びたい。

目指す職業・就職先

  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 保育教諭
  • 小学校教諭
  • 子ども関連企業 ほか

3つの資格・免許が同時取得できる!

「保育士」・「幼稚園教諭」・「小学校教諭」の資格と免許を取っておけば、進路先に合わせられると思った。受験の時にいろいろ調べたが、4年間で3つ同時に取れる大学はここだけだった。(1年男子)

設備が充実している

こども園が近く、子どもたちの成長を追いながら学べるのが良い。(3年女子) グランドピアノがあって、空き時間に練習できるのがうれしい。(3年女子) 教育現場で必要なピアノの技術も、入ってから丁寧な指導を行うので、卒業する頃には みんな上手に弾けるようになっています。苦手な学生には個別レッスンを行うこともあります。

カリキュラムポリシー

  • 教学の理念のもと、ディプロマポリシーに掲げた学士力を養成するために、教養教育科目及び専門教育科目により教育課程を編成しています。
  • 主に<知識・理解>に係る学修を実施するため、教養教育科目には、「人間と生活」「人間と科学」「生活と情報」「外 国語」「体育」「初年次教育」の6教育内容にわたる科目を設置し、幅広い知識と深い教養を身につけます。また、専門教育科目の教育内容「子どもの理解」には、子どもを理解する基盤となる理論的知識を修得できる授業科目を設置しています。
  • 主に<思考・問題 解決能力>に係る学修を実施するため、専門教育科目の教育内容「子ども学の探求」には、子ども学に関する授業科目を全ての学年で設置し、卒業研究に結実させます。3年次以降の科目は卒業必修科目として実施します。
  • 主に<技能><態度>に係る学修を実 施するため、専門教育科目の教育内容「学士力の養成」には、全教育課程を通して修得していく学士力の基礎と、専門分野に特化した具体的な学士力を身につけるための授業科目を実施します。また、専門教育科目の教育内容「子どもと教科及び基礎技能」「子どもの 教育」「子どもの生活支援」には、演習を中心に保育や教育等に関する実践力を身につけるための授業科目を設置しています。
  • 講義、演習、実習形式を適切に組み合わせて授業を実施します。グループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等の能動的 学修を、より効果的なものとするため少人数教育を実施します。
  • 授業科目ごとの学修成果の評価は、シラバスに提示している方法によって厳正に実施します。ディプロマポリシーの到達度は、GPAを活用して評価します。GPAは表彰等における基礎資料とします。

CURRICULUM

豊かな人間性と実践力を備え、得意分野を身につけた
保育者・教育者を目指します。

子ども学部子ども学科 カリキュラム

CLASSES

子どもの思考力を育てる特色のある授業。

  • 音楽の表現力や技法を学ぶ

    音楽の表現力や技法を学ぶ

    音楽(1年次)

    ピアノを通して、描写的な音楽づくりを体験しながら、保育の実践者としての表現法や指導法を探ります。

  • 子どもたちと楽しい英語活動

    子どもたちと楽しい英語活動

    キッズイングリッシュ(2年次)

    子どもたちが英語に親しめるように歌や絵本を使った指導法について学びます。

  • 論理的思考力を育む

    論理的思考力を育む

    ※Pepper 社会貢献プログラムに参加しています。 メディア教育演習

    論理的思考力を育む目的で導入されたプログラミング教育に対応した指導法を各教科の授業で学びます。

  • 子どもとおやつ

    子どもとおやつ

    子どもとおやつ

    保育所や幼稚園で食べるおやつづくりについて学びます。

  • 保育・教職実践演習( 幼・小)

    保育・教職実践演習( 幼・小)

    保育・教職実践演習(幼・小)

    4年間で修得した専門的な知識・技能を基礎とし、保育や教育の具体的場面で活用できる方法を修得します。

  • 教員紹介
  • OB・OG MESSAGE

4年間で基盤を築きあげ、保育と教育の専門家を育成。

子ども学部は、保育と教育の専門家を養成します。すなわち、認定子ども園を視野に入れた保育士、幼稚園教諭及び小学校教諭として必要な幅広い知識と技能を身に付け、人間性豊かな人格を備える人材の育成を目指します。現代の子どもを取りまく社会は複雑であり、それに伴い保育や教育の現場に求められるニーズも年々複雑となってきています。そこで、「子ども」を取り巻く生活・教育・文化・環境等に関する今日的な問題を明らかにし、全人的に育成する広い視野をもって、その解決方法を学び、地域で活躍できる人が必要とされています。教育の在り方がいろいろと論じられ、人間形成の出発点としての保育と教育の重要性がますます認識されるようになりました。4年間でしっかりとした基盤を築きながら積極的に自分の進む道を探し、その能力を保育、幼稚園教育、小学校教育、社会福祉の分野などで活かして欲しいと思います。

子ども学部長 小野 文子 教授

OB・OG MESSAGE

  • 岩﨑 加那子

    子どもたちの笑顔が増える
    保育を目指します。

    大学では、現場で働いている先生の話を聞かせていただく講義があり、実際の保育現場の様子や保護者への対応など、専門的な知識を身につけることができました。また、日々の活動計画を立てるときや、子どもたちとの遊び、支援など、学んできた多くのことが働くうえで活かされています。幼稚園の先生になって2年。周りの先生方に助けていただくことが多かったので、今後は自分なりに工夫し考え、子どもたちの笑顔がもっと増えていく保育を目指したいです。

    瀬戸内市立国府幼稚園(岡山県)勤務
    岩﨑 加那子さん 2015年卒業

  • 市原 僚太郎

    子どもたちとともに
    成長していけるように
    1日1日を大切にしていきたい。

    現在、小学校で3年生の担任をしています。日々、成長していく子どもたちの姿を一番身近で感じられる教師という職業に魅力を感じながら過ごしています。子どもたちに勉強を教える中で、自分の問いかけ一つで子どもたちの反応が違うことに気付き、先輩教師からも「教師とは問うことが仕事だ」と教わり、その言葉と自分の経験から問うことを特に大切にしています。大学では、自ら率先して動くことの大切さを学びました。これからの目標は、自分の授業力を磨き、子どもたちの力を引き出せるような楽しい授業ができるようにしていくことです。

    倉敷市立中島小学校(岡山県)勤務
    市原 僚太郎さん 2017年卒業

MENU

資料請求はこちら

CLOSE