中国学園大学 / 中国短期大学

あざやかに、キミの花を咲かせよう

現代生活学部
人間栄養学科

[4年制/80名]

目指す職業
管理栄養士(病院、学校、福祉施設) / 栄養士 / 栄養教諭 / 食品開発 ほか
目指せる資格
管理栄養士国家試験受験資格 / 栄養士免許証 / 食品衛生監視員任用資格 / 栄養教諭一種免許状 / 食品衛生管理者 / 社会福祉主事任用資格

「食」にまつわる学びは、とても興味深いものばかり!

小学生の頃から管理栄養士になるのが夢でした。「食べる」ということは、とても重要なことで、自分の食べたもので体はできているのだなと、あらためて実感しています。栄養素がどのように作用するのか、スポーツと栄養など、ここでの学びは興味深いものばかり。将来は病院に就職し、さまざまな疾病の栄養指導をしていきたいです。

江原 久留実さん 3年
岡山県立岡山操山高等学校出身

「管理栄養士」、「栄養士」の資格を取得し、
人と社会に貢献するために働く

“人間の健康と身体”と“栄養の力”を実践で学ぶ4年間

基礎から応用まで管理栄養士に必要な知識と技術を修得するとともに、豊富な実習を通して現場の 即戦力として役立つスキルを身につけます。

  1. 1年次

    大学生として必要な教養科目を中心に学びます。幅広い教養を身につけます。また、少人数教育(栄養セミナー)を行い、管理栄養士に必要な基本的な知識やコミュニケーション能力を高めるプログラムも展開します。

  2. 2年次

    専門科目が始まる学年。管理栄養士に必要な専門知識や技術の修得を行います。また、栄養セミナーでは菜園(本学ホームページを参照)を担当し、栽培から人の口に入るまでの一連の流れを理解実践します。就業している先輩を招いた仕事インタビューで、管理栄養士について理解を深めます。

  3. 3年次

    知識と技術を融合させて、深い学びにしていく学年。4週間の現地体験学修の場(臨地実習)で学びます。病院、福祉施設、学校、保健センターなどで、管理栄養士の業務を肌身で体験し、多くの人と接し、管理栄養士としてどうあるべきか、人々の健康と幸福には、何をなすべきかを学び取ります。

  4. 4年次

    卒業研究を中心に、それまでの学びを各自でまとめ上げていき、管理栄養士像を描きます。栄養セミナーの最終段階で、各教員の指導にて、卒業研究を仕上げます。また、管理栄養士国家試験に対しても準備をします。国家試験対策講座グループでの相互学修も交え、総復習・総点検をしていきます。

カリキュラム

体験型の学習を重視、あたたかく豊かな人間性を養い「栄養と健康のプロ」を目指す。

現代生活学部人間栄養学科のカリキュラム

実践図鑑

  • 栄養セミナーⅠ

    栄養セミナーⅠ

    体験を通して学修方法を身につける

    地域の施設(犬養木堂記念館、高齢者福祉施設など)を訪問し歴史を学んだり、高齢者とコミュニケーションを取ったりと、体験を通して学修方法を身につけます。また、グループごとに課題研究を行うことで、協力して学ぶ態度を養います。


  • 栄養セミナーⅡ

    栄養セミナーⅡ

    野菜の栽培・収穫、生産から調理(供食)までの楽しさを実感!

    農作業による食料生産を体験し、生産から消費するまでの過程を体験。収穫の時期に合わせて、菜園で採れた野菜を使用した野菜料理コンテストを行い、試行錯誤しながらもオリジナルレシピを考案します。また、さまざまな職場で働く先輩管理栄養士から話を聞く機会を設け、管理栄養士の業務や職域についての理解を深めます。


  • 栄養セミナーⅢ

    栄養セミナーⅢ

    グループ学修で養う協調性と問題解決力!

    管理栄養士として現場で活躍するために必要なスキルを、さまざまな体験を通して学修します。地域の人々を対象とした健康・栄養・食生活に関する講座に企画から実施までグループで取り組み、協調性を育み、課題を発見し、解決できる力を育てます。


  • 栄養セミナーⅣ

    栄養セミナーⅣ

    4年間の学びの集大成!

    担当教員のもとで、教員とともに選んだ課題について研究を進めていきます。興味のあるテーマを深く掘り下げ、仮説を検証する作業を通じて、科学研究の手法を身につけ、研究の意義を理解します。また、毎年10月に4年生の研究発表会を実施。管理栄養士国家試験対策との両立の日々の中、コツコツと積み上げた4年間の学びの集大成である研究成果を、在学生や地域の人々が見守る中で発表します。


  • 教員紹介
  • OB・OG MESSAGE

「人間の心と身体」と「栄養」の力を知る管理栄養士を目指そう!

健康な身体をつくる、病気などで療養中の人や高齢者の生命と健康を支える、子どもの成長を支えるなど、管理栄養士が活躍するフィールドは広がり続けています。

本学部では、4年間でのさまざまな体験型の学修を通して、温かく豊かな人間性を養いながら、人間の心と身体を理解していきます。そして、人の栄養に関する必要な幅広い知識と技術を身につけ、多方面で活躍できる管理栄養士を育成します。西日本屈指の施設で学び、卒業後直ちに実社会に貢献できる栄養の力を知ることはもちろんですが、公開講座やボランティア活動などを通して、人々との交流、地域との連携を図りながら、人の健康づくりを行う大切さをも学びます。また、少人数でのグループ学修で協調性や問題解決能力を養っていきます。

管理栄養士国家試験受験資格の取得に向けて支援していきますが、そのことだけが目的ではありません。自らが率先して、工夫して学ぶことが大切です。

現代生活学部長 福田 伸治 教授

OB・OG MESSAGE

  • 木曽 三輪子

    学んできたすべてのことが
    現在の仕事につながっています。

    現在、病院の管理栄養士として、給食管理業務やさまざまな疾患を持つ方に対する栄養指導などを行っています。食べられなかった人が、食べられるようになる姿に喜びとやりがいを感じます。

    大学では、大量調理を行う「給食管理実習」をはじめ、実験やレポート作成など多くのことを実践的に学び、経験することができました。また、地域ボランティア活動での経験が、現在の集団栄養指導や栄養教室で活かされています。

    大学で学んだすべてが今の仕事につながり、私の基盤となっていることを実感する毎日です。

    医療法人 天翔会 セントラルシティ病院(岡山県)勤務
    木曽 三輪子さん 2013年卒業

  • 増田 智香

    「給食おいしかったよ」という
    子どもたちの声が一番嬉しい。

    保育園の栄養士として献立作成や衛生管理などを行っています。子どもたちが給食場に来て「今日の給食おいしかったよ」と声をかけてくれたときや、離乳食初期から幼児用の食事までに携われていることにやりがいを感じます。大学でライフステージ別の食事の形態を学んだことが、献立作成時に役立ちました。

    また、ボランティアで子どもと接していた経験を活かし、園では積極的に子どもたちとコミュニケーションを取っています。今後は食育活動に力を入れ、食べることの大切さを伝えていきたいです。

    社会福祉法人 同心会 妹尾保育園(岡山県)勤務
    増田 智香さん 2014年卒業

SCROLL

MENU

CLOSE