中国学園大学 / 中国短期大学

あざやかに、キミの花を咲かせよう

子ども学部
子ども学科

[4年制/70名]

目指す職業
保育士/幼稚園教諭/小学校教諭/子ども関連企業 ほか
目指せる資格
保育士資格/幼稚園教諭一種免許状/小学校教諭一種免許状/児童厚生一級指導員資格/放課後児童指導員資格/小学校英語指導者資格

子どもたちの成長を糧に、たくさんの笑顔を見守りたい。

子どもが遊びや生活を通じてたくさんのことを身につけられるように、さまざまな遊びや援助の仕方などを学んでいます。“子ども の広場”やボランティアを通じて多くの子どもたちとふれあう機会があり、臨機応変に対応できる力が身につきます。

伊達 太津さん 2年
岡山県立高梁高等学校出身

希望者は4年間で保育士資格、幼稚園教諭免許、
小学校教諭免許の3つが同時取得できる!さらに+αの資格も!

どのコースに進んでもトリプル資格・免許状が取得可能

全員が希望の道にすすめるようにコースに定員は設けていません。また、どのコースに進んでも選択科目として 興味のある科目を自由に履修できます。

  1. 1年次

    4年間の学修のための土台を固めます。「現代子ども学入門」は、「子ども学」探究のスタートとなるオムニバス形式の授業。教育、心理、文化、表現、福祉医療など多様な角度から「現代の子ども」についての理解を深めます。

  2. 2年次前期

    子どもの発達の理解をさらに深めます。「保育所実習」では、保育所で20日間の実習を行います。子どもたちの様子や、働かれている先生の様子を観察し、自分の保育士としての姿をイメージします。

  3. 2年次後期

    保育所・幼稚園コース
    3年次の「幼稚園教育実習」では、幼児の発達を支える援助と環境構成とは何かを実習を通して学び、幼児教育についての理解を深め、実践力を身につけます。4年次の「保育・教職実践演習」では、これまでの学びを振り返り、実践者となる前に自己課題を明確にし、現場でさらに学び続ける保育者・教育者を目指します。

  4. 2年次後期

    小学校コース
    「小学校教育実習」では小学校で4週間の教育実習を行います。現場の先生の指導のもと実際に授業を行い、給食・掃除などの指導を通して、実践的な指導力を身につけます。4年次の「保育・教職実践演習」では、模擬授業やグループディスカッションなどを通して、小学校教員になるための実践的指導力や責任感を培います。

カリキュラム

子どもの発達について専門的に学び、
充実した実習科目で実践的指導力を養う。

子ども学部子ども学科のカリキュラム

実践図鑑

  • おやこひとば

    おやこひとば

    授業での学びを活かし、
    子どもたちとともに楽しむ!

    カリキュラムには子どもとふれあう機会が多数設けられています。


  • 音楽

    音楽

    表現活動のための
    音楽技法を高める!

    ピアノを通して、描写的な音楽づくりを体験しながら、保育の実践者としての表現法と指導法を探り、音楽的自己表現力やその技法を高めます。そのために必要な理論も深めます。


  • キッズイングリッシュ

    キッズイングリッシュ

    子どもたちと
    楽しい英語活動!

    英語活動で使用する教材を作成したり、保育英語検定3級や実用英語技能検定準2級程度の英語力を獲得し、その英語力を活用して子どもたちに英語に親しむ機会を提供できる能力を身につけます。


  • 小学校教育実習

    小学校教育実習

    各教科の授業実践を
    通して学ぶ!

    小学校の先生を目指す人は必須の科目です。現場の先生の指導のもと、各教科の学習授業を立案し、実際に授業を行います。子どもたちが「わかった!」と感じることのできる授業を追究していきます。


  • 保育所・幼稚園教育実習

    保育所・幼稚園教育実習

    先生や子どもたちと
    ともに過ごしながら学ぶ!

    保育所・幼稚園・福祉施設において、実際に子どもたちや利用者の方とともに過ごしながら学ぶ場です。指導計画や実践的な環境の構成などを現場の先生方や子どもたちから学んでいきます。


  • 教員紹介
  • OB・OG MESSAGE

4年間で基盤を築きあげ、保育と教育の専門家を育成。

子ども学部は、保育と教育の専門家を養成します。すなわち、認定子ども園を視野に入れた保育士、幼稚園教諭及び小学校教諭として必要な幅広い知識と技能を身に付け、人間性豊かな人格を備える人材の育成を目指します。現代の子どもを取りまく社会は複雑であり、それに伴い保育や教育の現場に求められるニーズも年々複雑となってきています。そこで、「子ども」を取り巻く生活・教育・文化・環境等に関する今日的な問題を明らかにし、全人的に育成する広い視野をもって、その解決方法を学び、地域で活躍できる人が必要とされています。教育の在り方がいろいろと論じられ、人間形成の出発点としての保育と教育の重要性がますます認識されるようになりました。4年間でしっかりとした基盤を築きながら積極的に自分の進む道を探し、その能力を保育、幼稚園教育、小学校教育、社会福祉の分野などで活かして欲しいと思います。

子ども学部長 小野 文子 教授

  • 小野 文子[学部長/研究科長]

    音楽

  • 佐々木 弘記[学科長]

    教育方法学・理科

  • 岸 誠一[教授]

    情報教育・教育評価・教育調査と分析

  • 熊代 賢治[教授(嘱託)]

  • 中 典子[学生課長/准教授]

    地域福祉

  • 槙尾 真佐枝[准教授]

    児童福祉

  • 平松 美由紀[准教授]

    幼児教育・身体教育

  • 柏原 寛[准教授]

    図画工作・造形

  • 藤井 佐代子[准教授(嘱託)]

    小学校英語教育・児童英語教育

  • 池田 満之[准教授(嘱託)]

    環境

  • 江口 美香[准教授・嘱託]

  • 溝田 知茂[講師]

    体育・小学校体育・バレーボール

  • 國田 祥子[講師]

    認知心理学

  • 坂田 季穂[講師]

    保育計画・乳児の保育・保育実習研究

  • 村井 隆人[講師]

  • 野村 泰介[講師(嘱託)]

    社会

  • 小阪 芙由美[助教]

OB・OG MESSAGE

  • 岩﨑 加那子

    子どもたちの笑顔が増える
    保育を目指します。

    大学では、現場で働いている先生の話を聞かせていただく講義があり、実際の保育現場の様子や保護者への対応など、専門的な知識を身につけることができました。また、日々の活動計画を立てるときや、子どもたちとの遊び、支援など、学んできた多くのことが働くうえで活かされています。幼稚園の先生になって2年。周りの先生方に助けていただくことが多かったので、今後は自分なりに工夫し考え、子どもたちの笑顔がもっと増えていく保育を目指したいです。

    瀬戸内市立国府幼稚園(岡山県)勤務
    岩﨑 加那子さん 2015年卒業

  • 市原 僚太郎

    子どもたちとともに
    成長していけるように
    1日1日を大切にしていきたい。

    現在、小学校で3年生の担任をしています。日々、成長していく子どもたちの姿を一番身近で感じられる教師という職業に魅力を感じながら過ごしています。子どもたちに勉強を教える中で、自分の問いかけ一つで子どもたちの反応が違うことに気付き、先輩教師からも「教師とは問うことが仕事だ」と教わり、その言葉と自分の経験から問うことを特に大切にしています。大学では、自ら率先して動くことの大切さを学びました。これからの目標は、自分の授業力を磨き、子どもたちの力を引き出せるような楽しい授業ができるようにしていくことです。

    倉敷市立中島小学校(岡山県)勤務
    市原 僚太郎さん 2017年卒業

SCROLL

MENU

CLOSE